習い事とそのほか

CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
OTHERS
4 ルプゼの技法

ルプゼの技法 

同じプリント紙を2枚用意。

1枚はプリントシーラーを1回ぬる。

もう1枚はプリントシーラーを2回ぬって、粘土でもりあげる部分をはさみでカットしておく。

板にシーラー、ジェッソ、絵具の順でぬっておく。

何もぬってないプリント紙のまわりを手でちぎる。

ちぎり方⇒親指で下に押して押した部分をを人差し指でもって下にねじるようにちぎる。

(そうすることではった時のいたと紙の段差をへらせる)

だいたいの形にまわりをちぎったら、ちぎったプリント紙にグルーをつけて板に貼る。

 カットした花びらを手のひらでモデラーをつかってやわらかくする。

     凹凸をつけるかんじ

 かぶせる花びらの上にグルーをぬる(板にはったはなびらのこと)

 カットした花びらの裏にもグルーを塗る

 粘土をよくこねて適量をグルーを塗った上にのせる。

 粘土はカットしたプリント紙の内側2mmぐらいまで粘土をのばしてのせる

 板の同じ柄の花のところにかさねてのせる

 中央から外に向かってモデラーで余分な粘土とグルーを押し出す。

 花びらの形にモデラーを使って表情をつける

 2,3日粘土を乾かす。

 白くでてくる粘土はメンソー筆で下のプリント紙と同じような色を探してぬる。

 余分な絵の具や粘土はウエットティッシュでとる

 乾いたら全裸いにプリントシーラーを1回塗る

 乾いたらアクアポッチ15回

仕上げ 

粘土のところは耐水ペーパーをかける

 全体にスチールウールをかける

| デコパージュ技法 | 15:48 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
3 モデリング技法 

 ★モデリング技法 ★

 プラークにオールパーパースシーラーを塗る。

 プリント紙にプリントシーラーを塗る1回塗る。

 プリントにプラークにグルーを塗って貼りつける。(真中に貼りつける)

 ウエットティッシュをのせてローラーで余分な空気とグルーを押し出す。

 モデリングペースト2対ジェルメディウム1の割合でよく混ざる。⇒好みの色を加える。

   プラークの周りを角をたてるようなかんじで 塗る。(もりあげる感じで)

⇒乾くまで1日2日かかる。

 完全にかわいたらそこを好みの色に塗る。プリント紙の余白部分も絵具でぬる。

 絵具が乾いたら全体に(プリント部分も絵具部分も)プリントシーラーを1回塗る。

 乾いたら プリント紙とモデリング部分の境にブレードを貼る。⇒額縁カットという。

(ブレードの重なり合う部分をななめにカットして額縁のような形にカットしてはる。)

⇒タッキーグルーを使用

 乾いたら、全体にプリントシーラーを1回ぬる。

 乾いたらアクアポッチを全体に15回ぬる。⇒ 1回目全体に2回目プリント部分⇒プリント部分は

毎回ぬるがふちは2回に1回ぬる。

 塗り終わったらプリント紙の部分だけマット仕上げ(耐水ペーパーとスチールウールでサンディン

グ)これは筆村をとりためにする。

 ブレードの内側にアクアポッチを2,3回ぬる。


⇒グレース仕上げ つやしあげになる。

 

| デコパージュ技法 | 15:40 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
2 転写技法 ★ 石鹸

 転写技法 ★ 石鹸


トランスファーする

プリント用紙の裏の4隅をセロパンテープでとめチラシにはる。

マジックアートを縦に1回 乾いたら横に1回 交互に4回合計8回塗る。

(あまりうすくぬらないこと)

その後24時間放置。

かわいたらファイルになどにいれて保管。

 シールプリント紙

水につける⇒1分ぐらいではがれる。

直接石鹸にはる⇒マジックアートを1回塗る。⇒完全に乾いたらラッカー系ニスを2回塗る。

 ペーパーナプキン

ナプキンを石鹸の形の大きさにカットする。⇒石鹸にマジックアートを塗る。

⇒ナプキンをのせたその表面にマジックアートを塗る(マジックアートでナプキンをサンドイッチする)

⇒完全にかわいたらマジックアートを塗る⇒完全にかわいたらラッカー系ニスを塗る

 トランスファーしたプリント

石鹸の大きさに切ったものを30分くらい水につける。(紙の薄さで水につける時間を調整すること)

裏紙をはがす。(指先を転がすようにしてポロポロとまるくしてはがしていく。)

石鹸とプリント裏にマジックアートを塗る。⇒張る

仕上げ

完全に乾いたらマジックアートを上から塗る。⇒完全に乾いたらラッカー系ニスを2回塗る。


 ◆´ともプリントを貼った部分より5mmぐらい多めにラッカー系ニスを塗ると、はがれ防止になる。

 

 

| デコパージュ技法 | 15:27 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
1 キャンドルカット技法
キャンドルカット技法

素材(タオルハンガー)やすりで木を整える。

木目だし→水性ウッドステインで全体を塗る 裏側は1cmぐらいのふちのまわりを塗る。

プリント紙にプリントシーラーを1回塗る。

ろうそくの火に直角にプリント用紙を入れて燃やす。(炎の半分ぐらいまで入れて燃やす)

燃えた部分を濡れた雑巾で、つまんでカットしていく。そのとき、燃えた部分を下に払い落すように
    していく。

カットが終わったら、燃やした部分の炭を雑巾でふいて取り除く。

グルーをプリント用紙の裏に厚めに塗って、白木に張り付け、ローラーでプリント用紙の中心から

    上下左右に押す。(ローラーを行ったり来たりさせない)。

一週間放置 (水分を逃がすため)その後プリントシーラーを全体に1回塗る。

乾いたら、アクアポッチを15回塗る。(縦方向か横方向どちらかに1方向か、縦横順番に塗る) 
 
    1回ぬったら乾いてから2回目をぬる。


仕上げ方法(マット仕上げ)

ぬるま湯に台所用洗剤を1、2滴たらした水を作る
その水の耐水ペーパーを浸して、円を描くようにくるくる回しながらサンディングする。         (作品の角にたまったアクアポッチをとる。光沢をとる。)
ウールかねたわしで完全に水気をとって強めにこすって光沢を完全にとる。


裏にフェルトをはって金具をつける⇒完成
| デコパージュ技法 | 15:21 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP